Search

Rabenschwarz

渡 芳樹 – 極彩色の華の世界 –

Artist statement|ステートメント

eclipseslide3

Artist statement

I’m an IKEBANA Artist.

I was born in Japan.

When I grew up as a Japanese, there were always flowers around me. My family business was dealing with flowers.

Learn the oldest flower arrangement in Japan called the “IKEBANA” from the age of five.

When I was a student, I learned drawing and digital techniques.

I learned about ikebana and felt the “time” of flowers while facing them. The flowers show a momentary glow as they grow and scatter. It was the original cultivated technology that could capture that moment.

I feel aesthetic sense in the withering thing. A microcosm of life. The glow of a moment. I chose the technique of photography from the point that the ikebana is in the Japanese aesthetic sense (Wabi-Sabi) and respects the moment in the flow of life, and I strives to imagine the torrent of life before and after.

the gate of AbyssSince 2014, works at exhibitions have started full-scale. I started to use the technique of photography because of the flowers lack of reproducibility and the dramatic change. The aim is to construct a gateway to the spiritual world beyond each superficial beauty by combining flowers with the value of being as a three-dimensional object and a photo that encourages the imagination of space because it is a plane.

 

Making use of Spatial grasping ability, Natural sense of color, and Identity as a Japanese, it would be much appreciated if you could see my photos and flowers and immerse yourself in your conscious world.

 

2020.3.21

Houju Watari / 渡 芳樹

 


 

history

Born in Ota City, Gunma Prefecture, Japan

Learn classical flower arrangements since childhood

Started showing ikebana works at exhibitions in 2014

Introduced a photograph of my own ikebana work, incorporating photography into expression techniques from 2016

Currently actively presenting works in Japan, UK, Switzerland, Germany, United Arab Emirates and other countries


序文

目を開けるとそこには極彩色の世界が広がっている。

すべてのものが持つ色という概念に、光のコントラストが重なり一瞬の色彩を奏でる。

そういった日常のひと時ひと時の激しい変化の中で、ひときはまばゆい光を放つ花々の輝きを構成し、かけがえのない美しさを現わす。

 

何をもって花を生けるのか

 

何をもってシャッターを切るのか

 

何を伝えたいのか

 

私の中でアートとは世俗との乖離を意味する

アートを見るとき人は独りになる。それは個性という目を通じて、眼前に広がる個性と対話するということ

人は個として素晴らしいものであるはずで、集団的意識の中に埋没すべきではないと私は考える

 

私の作品は集団から抜け出すための門扉

見る者にその先にある自己解釈への鍵を渡したい

そういった世界に身を置いて、此方においでと語りかけているのである

 


 

活動・展覧会履歴

2014年

-本格的な表現活動を開始

「Flower Exhibition [Flowering] 」(銀座Salon de G/2人展)

2015年

-表現手段として、草花木を中心とし「生きた生命力」を用いたインスタレーション作品を発表

「纏繞天華-TenJoTenKa-」Primary Exhibition in Gunma(itoya coffee factory/個展)

「纏繞天華-TenJoTenKa- 」Compilation Exhibition in Shibuya(渋谷OCO Gallery/個展)

2016年

「華×衣-HANA×KINU-」(itoya coffee factory/コラボレーション展)

「視点  – Various Vision of Flowers -」(横浜赤レンガ倉庫1号館/個展)

-写真と言う表現手段を用いた作品群「Vision of Flowers」を発表

2017年

「奇しき薔薇の華展」(Gothic Bar Placebo/個展)

-ACT ART COM ~アート&デザインフェアー-2017-~(Art complex center of Tokyo/合同展(アートフェア))

-DESIGN FESTA46(東京ビッグサイト/アートフェス)

2018年

-御苗場2018(横浜大さん橋ホール/合同展)

-ACTアート大賞展(プリント部門)(Art complex center of Tokyo/展示参加)

-Art Wave Exhibition Vol.50 ~創造のイノベーション~(RECTO VERSO GALLERY/三人展)

-「奇しき華達の庭園」(Gothic Bar Placebo/個展)

2019年

-Discover the one Japanese Art 2019 in London(Menier Gallery(イギリス/ロンドン)/コンペティション)

-「栄光とダイヤモンド」(itoya coffee factory/個展)

-JARDIN展 in Abu Dhabi(Etihad Modern Art Gallery(アラブ首長国連邦/Abu Dhabi) /コンペティション)

2020年

-ART BLEND A world Competition from JAPAN and Switzerland(Gallery Swiss Art Space(スイス/ローザンヌ)/コンペティション)

-美と音楽の饗宴 Beethoven2020(ハウス・デア・エヴァンゲリシェン・キル(福音派ハウス・ボン(ドイツ)/合同展示会)

2021年

-Exhibition of MINERVA 2021(京都市京セラ美術館(京都)・マル・ギャラリーズ(イギリス/ロンドン)/合同展示会(巡回展))


 

[略歴]

1983 : 群馬の地で生を受ける

1988 : 家業(生花店)の影響で池坊を習う

1993~ : 栃木県は足尾の山奥にて小学校から中学校時代を過ごす

高校卒業後大学へ進学、ヨーロッパの文化・伝統・語学を学ぶ

実家へ戻りフローリストとなる

2012 : 有限会社フローリストワタリ代表取締役に就任

2014 : 銀座での2人展を皮切りに展覧会活動を開始

2016:フォトアート作品群「Vision of Flowers」を発表、制作及び販売を開始

2017:impress QuickBook より、電子書籍「ハナカツ365」(十二ヶ月連続刊行)「華のアート写真集〜青の章〜」発売

2019:海外での展示会活動を開始。写真を中心に諸外国での展示会に参加。


 

装華、フラワーアレンジメントの作成、ブーケ/花束作成、フラワーオブジェクトの作成、会場装飾、染色花卉、流木等資材、華や花に関する相談、ご用命はメールまたはお電話(有限会社フローリストワタリ代Tel : 0277-78-5199)にて承ります。

コンタクトをご希望の方は下記データをご参照ください。

  • Twitter : @vocha_hakua
  • Instagram : watari_houju
  • e-mail : esperancer@floristwatari.com
  • Tel : 0277-78-5199

アーティストサイト「Rabenshwarz-極彩色の華の世界-」

http://rabenscwarz.jp/

代表を務める生花店「フローリストワタリ」の公式Webサイト

http://floristwatari.com

 

当サイトはWordpressにて作成されています。当サイトに掲載されているコンテンツは渡芳樹に帰属します。お問い合わせは上記メールアドレスまでどうぞ。

Sorry! This web site is japanese only.

© 2020 Rabenschwarz . All Rights Reserved.