Search

Rabenschwarz

渡 芳樹 – 極彩色の華の世界 –

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%ac%e3%82%ad2016%e5%86%ac

渡芳樹2016冬季個展「視点-Various Vision of Flowers-」

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%ac%e3%82%ad2016%e5%86%ac

渡芳樹2016冬季個展

「視点-Various Vision of Flowers-」

2016/11/23-2016/11/29

10:00-20:00

(Last Day -16:00)

横浜赤レンガ倉庫1号館1階

〒231-0001

神奈川県横浜市中区新港1-1-1

どこ”から”視ているのか

或るいは

どこ”を”視ているのか

そして、”何”を視ているのか

同一の事物事象を”視る”としても

それぞれ”視える”ものは同じなのだろうか

”視覚”と言うシステムにおいて

そこに”視える”ものを同一と定義することは果たして可能なのだろうか

−人類にとって視覚の持つ役割というものは、存外に大きいものがあります。

しかしながら、個々における視覚とは果たして同一であると言い切ることができるのでしょうか?

此度は華を題材とし、写真という「ある意味において意図された視点」を確認することにより、視覚の同一性を検証したいと思います。

 

 

渡芳樹2016年冬季個展は、通常の華展における装華のみでなく、今までの華展において切り取られた華に関する視点を写真という媒体を利用して表現することを試みます。

渡芳樹という個人の”視点”や写真家谷山りきによる写真等、それぞれの主観を反映する媒体の差異をお楽しみいただければと思います。

ご来場いただく皆様にも、それぞれの視点を意識して華というものの魅力を再確認していただければ幸いです。

 

2016

渡芳樹

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2017 Rabenschwarz . All Rights Reserved.